zithromax online
 

いい話ゲッツ曜日

青山俊董尼のお話。
私は高校三年のとき、両親を一緒に亡くしました。
町会でフグを食べにゆきその毒に当たって一晩で亡くなりました。
その朝はお弁当をいただいてゆく日で、いつもなら母が早く起きてお弁当を作って下さるのにその朝はいつまで経っても物音一つしない。

おかしいなと思い、そっと両親の部屋の戸を開けてみると、さんざん苦しんだあとを残して、二人とも息が絶えておりました。
親戚の者が駆けつけ葬式は出してくれました。
借金こそなかったけれど、一銭の貯えもありませんでした。

父が出征していたために、ずっと年の離れて五歳の妹がおりました。
子供二人では家賃がとりたてられないであろうというので、家主が追い出しました。
私は妹を連れ、最小限度の荷物を持って、安い六畳一部屋のアパートを借りて出ました。
とにかく両親に代わってこの妹を育てなければならない、と思いまして、私は働きました。

さいわい就職が決まっておりましたので、朝は新聞配達、昼は勤め、夜はアルバイトと働き、二十二、三歳のときには、小さなアパートを買うほどの金はつくりました。
しかし考えて見ますとこの間私は働くことしか考えず、台所も掃除も洗濯も何もしませんでした。
五歳の妹が全部したことになります。
おしんというドラマがありましたね。
私の妹だっておしんをやりました。
人間、そういうところにおかれるとやるもんですね。
考えて見ますと、私など、もし両親が生きていてくれたら、今頃、暴走族か突っ張り族かろくな人間にしかなっていなかったと思います。

両親が死んでくれても、財産を遺してくれたら、甘えてしまって今の私はなかったと思います。
一人ぼっちだったらやはり駄目になっていたでしょう。
両親が死んだ、金はない、家主が追い出した、幼い妹がいる。
私は本気にならざるを得ませんでした。
私を本気にしてくれ、男にしてくれ、大人にしてくれたのは、両親が一緒に死んでくれたお陰、財産を遺してくれなかったお陰、家主が追い出してくれたお陰、幼い妹をつけてくれたお陰と感謝しております。

妹には勉強机ぐらい買ってやりたいと思いましたが、六畳一部屋に食卓と勉強机と二つおいては寝る場所がなくなるので、食卓と勉強机を兼ねてもらいました。
新聞一枚散らかしておいても寝るところがなくなりますから、妹は整理の名人になりました。
今幸いに大きな家に御縁を頂いて嫁いでおりますが、きれいに整頓されております。

妹がよい御縁を頂いて花嫁衣裳を着たときだけは泣けました。
両親に見せたかったと思いましてね。
何もかもありがたいことであったと、朝晩に両親の位牌にお線香をあげさせてもらっています。
最後までお読み頂き誠に有難う御座いました。

◆注目サイト◆
外食に困ればこのサイト!
皆さんの口コミ情報で美味しいと評判のお店が簡単に見つけられます!

http://tabelog.com/

楽しみながら出会いが探せる!
会員数増加中!みんなで楽しみながら気になる相手を探しちゃおう!

http://aso-bo.com/

小遣い稼ぎ目的で使える!!
小遣い稼ぎだけではなく、お互いの癒しにも繋がるお得もの、それが逆援助なのです!

http://www.jrcomb.com/

簡単にホームページが作りたい!
携帯サイト作成ならココ!知識が無くても簡単に作れます!

http://freepe.com/

就職活動のアドバイス。

僕もちょっとだけ年を取ったのか、色々と就職活動の話をされることが多くなってきた。
自分の就職活動は実はショボい。
1社だけ応募して、その1社に入社したので、就職活動らしいことは全くしていません。
これは自分が優秀なのでなく、単なる巡り合わせにすぎないと思っています。

就職活動は、ある種、お見合い的な要素もありますからね。
これから就職活動を始める方についてアドバイスを求められました。
まずは自分の興味を大切にしようと言おうと思います。
興味のど真ん中でなくて、少しかすっているだけでもよいでしょう。

興味がなくて、好きになれない仕事を続けるのは、心が本当に疲れます。
でも自分のやりたいことを見つけるのは、とても大変だと思います。
僕も社会人10年生になろうとしていて、それなりに充実しているし、楽しいこともありますが、今の仕事が本当にやりたいことかと言われると、まだ自信が持てません。

これから就職活動をする方に、興味を大切に、と言おうと思いましたが、20代の彼は、企業がどういう所で、実際の仕事がどういうものかもわからないでしょう。
僕が説明したって、実態が分かるわけではありません。
うーん、難しいね。
年をとるほど、より難しくなってきたよ。

怜奈ちゃんにまた会いたい

初めまして!
今日から更新のほう頑張っていく予定ですので皆さん宜しくお願いします。
昨日は久し振りにキャバクラへ行ってきました。
やはり気持ちの上がらない時はキャバクラに行くに限りますね。
可愛い女の子と最高級のお酒、充分なおもてなしをされれば気持ちも上がるってもんですよ。

それから、仲良くなった怜奈ちゃんという子とアフターに付き添ってもらいました。
こんなに綺麗な女性を隣に連れられるってだけで周りの人達に対する優越感が半端ないです。
自分が凄まじく勝ち組な気がしてきたのは恐らく気のせいではないでしょう。
それだけの魔力を怜奈ちゃんは持っています。

高級お寿司店に行って、ドヤ顔で奢ってあげました。
二人でしめて3万円なーり。
うん、平気平気なんて言いながらも実際は相当痛手ですよ。
でもかっこつけるべき場面だと思ったので必要経費です。
キャバクラに行って上がらない気持ちを上げて貰った。
とんでも級に綺麗な怜奈ちゃんとの出会いもあった。
アフターにだって付き添ってもらった。
昨日は本当に最高の一日でした。
今日もしも死ぬんだとしても、今だったら何の未練もなくあの世へ行ける自信があります。
怜奈ちゃんにまた会いたいです。給料日になったらまた行こう。